令和3年度 筑波大学体操コーチング論研究室の論文発表会 長谷川聖修先生の最終講演

日時:令和4年2月6日(日) 午前9時30分より
場所:筑波大学中央体育館体操場

*******************************************************************************************
県外からの参加希望の皆さんへお願い
茨城県における感染急拡大を受け、本日1月27日(木)より「まん延防止等重点措置」が政府より適用されました。そのため、本発表会の2週間前となる1月23日(日)より体調不良(発熱・咳・喉の痛み等)が確認された方は、非常に残念ですが参加を見合わせるようお願い申し上げます。また、会場までの移動の際はくれぐれも感染予防を徹底して実施するようお願い申し上げます。当日会場入口でも検温させて頂きます。さらに、今後、緊急事態宣言が適用された地域からの参加者を制限する可能性もありますので、本サイトで御確認ください。
*******************************************************************************************

発表抄録・資料は こちら

博士/修士/卒業論文 一覧

09:30〜
<卒業論文> 10分発表 5分質疑
萩原 沙里菜:ドイツ体操におけるHaltungsschulungの運動課題並びに実施に関する実践的研究

鈴村 淳史:プレゼンテーションがジムへの移動手段における行動変容に与える影響

我那覇 真子:硬式テニスにおけるチームワーク向上をねらいとした運動プログラムの考案

山田 理衣:スライディングに対する恐怖心を軽減するための用具を活用した運動プログラムの考案

10:35〜
<修士論文> 15分発表 7分質疑
工藤 実里:自主的な地域スポーツ活動に関する実態調査
ー震災避難者と地域住民によるグランド・ゴルフの事例からー

  休憩 (10分程度) ティータイム

11:10〜
<進捗発表> 10分発表
狩野 莉奈

大畠 未都来

杉井 勇介

11:45〜
<博士論文> 20分発表 10分質疑
田村元延:小学校中学年の体つくり運動における授業方法に関する研究
-大きなボールに乗る運動の幇助を用いた学習展開-

12:15〜
<講評> 本谷 聡 長谷川 聖修

12:30  研究発表会終了 

  昼食ブレイク

14:00〜16:30 終了予定
<最終講演> 長谷川聖修先生

博士/修士/卒業論文 一覧

令和3年度 / 2021-22年

<博士論文>

・古屋 朝映子

・田村 元延

小学校中学年の体つくり運動における授業方法に関する研究

ー大きなボールに乗る運動の幇助を用いた学習展開ー

概要(122KB)」 「プレゼン資料PDF(12.7MB)

<修士論文>

・工藤 実里

自主的な地域スポーツ活動に関する実態調査
ー震災避難者と地域住民によるグラウンド・ゴルフの事例からー

抄録PDF(1.7MB)」 「プレゼン資料PDF(16.3MB)

<卒業論文>

・萩原 沙里菜

ドイツ体操におけるHaltungsschulungの運動課題並びに実施に関する実践的研究

「抄録PDF(5.4MB)」 「プレゼン資料PDF(1.3MB)

・鈴村 淳史

プレゼンテーションがジムへの移動手段における行動変容に与える影響

「抄録PDF(102kb)」 「プレゼン資料PDF(3.1MB)

・我那覇 真子

硬式テニスにおけるチームワーク能力向上をねらいとした運動プログラムの考案

「抄録PDF(4.7MB)」 「プレゼン資料PDF(10.9MB)

・山田 理衣

スタイディングに対する恐怖心を軽減するための用具を活用した運動プログラムの考案

「抄録PDF(184kb)」 「プレゼン資料PDF(1.4MB)

 

 

令和2年度 / 2020-21年

<修士論文>

・金井 茂樹

シルホイールの初心者を対象とした運動プログラム開発
ースピン運動の習得を目指してー

   「抄録PDF(2.8MB)」 「プレゼン資料PDF(3.5MB)」

<卒業論文>

・石原 直幸

動的オフィス環境構築への試み
-ボディマウス装置によるPC作業に着目して-

   「抄録PDF(197kb)」 「プレゼン資料PDF(2.2MB)」

川口 真弥

睡眠の質向上をねらいとした運動プログラム試案

   「抄録PDF(463kb)」 「プレゼン発表PDF(1.8MB)」

・千村 もも花

テニスにおける打ち負けないためのフォアハンドストローク技術向上をねらいとした運動プログラムの考案

   「抄録PDF(1.5MB)」 「プレゼン資料PDF(2.8MB)」

・鳥越 賢太郎

生活活動促進に効果的なポスターに関する検討

   「抄録PDF(261kb)」 「プレゼン資料PDF(890kb)」

・渡部 果林

コロナ禍における大学体育のオンライン指導の評価について
ースマートフォンを用いたストレッチングに着目してー

   「抄録PDF(184kb)」 「プレゼン資料PDF(2MB)」

 

平成31年度、令和元年度 / 2019-20

<修士論文>

・松浦稜 「抄録PDF(578kb)」

大学体育における「生活の体育化」試案 -学習管理システムの活用法に着目して- “博士/修士/卒業論文 一覧” の続きを読む

平成30年度筑波大学体操コーチング論研究室 論文発表会のご案内

平成30年度筑波大学体操コーチング論研究室の論文発表会を下記の日程で開催します。

お気軽にご参加ください。御指導の程、よろしくお願い致します。

*************************************************************

日時:平成31年2月3日() 午前10時より

場所:筑波大学・中央体育館体操場

“平成30年度筑波大学体操コーチング論研究室 論文発表会のご案内” の続きを読む

平成26年度卒業論文・修士論文・博士論文一覧

<平成26年度>

〜卒業論文〜

*相原奨之

LED発光なわとびの試作について

抄録PDF)

〜修士論文〜

*武井嘉恵

安全な転び方習得を目指した「ペア・リズム体操」の考案と転び方の動作変容について

抄録PDF

〜博士論文〜

*檜皮貴子(新潟大学)

女性高齢者を対象とした転倒予防体操の考案 —転倒回避動作に着目して—

抄録PDF

 

平成26年度論文発表会のご案内

 

体操コーチング論研究室(長谷川・本谷・古屋)

筑波おろしに冬本番を感じられるこの頃です。皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、標記発表会を以下の日程で開催いたします。お忙しいこととは存じますが、後輩達の精一杯の勉学の成果について、ご指導いただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

—————————————————————————————————-

日時:平成27年2日(

10:00〜12:30 論文発表会 (於 筑波大学中央体育館 会議室)

<着手発表>小島瑞貴、小出奈実、小山勇気(修士1年)

<卒業論文>手回し発電機によるLED発光縄とびの試作    相原奨之

<修士論文>安全な転び方習得を目指した「ペア・リズム体操」の考案と

転び方の動作変容について                 武井嘉恵

<博士論文経過>児童における転倒予防と回避動作の習得に関する研究

– Gボールバランス運動に着目して-       田村元延(常葉学園短期大学)

<博士論文>女性高齢者を対象とした転倒予防体操の考案

-転倒回避動作に着目して-         檜皮貴子(新潟大学)

12:30〜13:30 昼食会(話題提供:古屋・本谷・長谷川)

 

———- イベント情報 ———-

* つくば体操フェスティバル2015

・日時:平成27年27日(土)13:00〜16:00

・会場:つくばカピオ サイバーダインアリーナ (入場無料)

 

* 日本体操学会第10回学術研究集会

来春にご退官予定の古川善夫先生を講師として研究集会が開催されます。

日時:平成27年314日(土)14:00~16:00(13:30受付開始)

会場:東海大学高輪キャンバス体育館アリーナ(品川区高輪2丁目3−23)

主催:日本体操学会学術研究集会委員会

講師:古川善夫(北海道教育大学教授、日本体操学会会長)

テーマ:「ライフステージに応じた様々な体操

参加費:無料、一般公開です。運動のできる服装でご参加ください。

内容の詳細は、日本体操学会サイト http://www.taisou.org/ より

諸行事に参加される場合は、下記までご一報いただければ幸いです。

 

<連絡先>

furuya@taiiku.tsukuba.ac.jp(筑波大学体育系 古屋朝映子)

平成25年度卒業論文・修士論文一覧

<平成25年度>

〜修士論文〜

*鈴木王香 「抄録」

Gボールを用いたプレ(イ+トレ)—ニングの試み—ジュニアサッカークラブチームを事例としてー

*三浦茉莉 「抄録」

多様な動きを促す運動プログラムの試案に関する実践的研究

 

〜卒業論文〜

*小島瑞貴 「抄録」

Gボールを用いたペア体操の考案とその効果に関する実践的研究

*小山勇気 「抄録」

小学校低学年における遊戯的体操の試案と保護者に対する意識調査

*西島直希 「抄録」

多様なボールを活用した運動プログラムの創作に関する一考察