平成26年度卒業論文・修士論文・博士論文一覧

<平成26年度>

〜卒業論文〜

*相原奨之

LED発光なわとびの試作について

抄録PDF)

〜修士論文〜

*武井嘉恵

安全な転び方習得を目指した「ペア・リズム体操」の考案と転び方の動作変容について

抄録PDF

〜博士論文〜

*檜皮貴子(新潟大学)

女性高齢者を対象とした転倒予防体操の考案 —転倒回避動作に着目して—

抄録PDF

 

平成26年度論文発表会のご案内

 

体操コーチング論研究室(長谷川・本谷・古屋)

筑波おろしに冬本番を感じられるこの頃です。皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、標記発表会を以下の日程で開催いたします。お忙しいこととは存じますが、後輩達の精一杯の勉学の成果について、ご指導いただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

—————————————————————————————————-

日時:平成27年2日(

10:00〜12:30 論文発表会 (於 筑波大学中央体育館 会議室)

<着手発表>小島瑞貴、小出奈実、小山勇気(修士1年)

<卒業論文>手回し発電機によるLED発光縄とびの試作    相原奨之

<修士論文>安全な転び方習得を目指した「ペア・リズム体操」の考案と

転び方の動作変容について                 武井嘉恵

<博士論文経過>児童における転倒予防と回避動作の習得に関する研究

– Gボールバランス運動に着目して-       田村元延(常葉学園短期大学)

<博士論文>女性高齢者を対象とした転倒予防体操の考案

-転倒回避動作に着目して-         檜皮貴子(新潟大学)

12:30〜13:30 昼食会(話題提供:古屋・本谷・長谷川)

 

———- イベント情報 ———-

* つくば体操フェスティバル2015

・日時:平成27年27日(土)13:00〜16:00

・会場:つくばカピオ サイバーダインアリーナ (入場無料)

 

* 日本体操学会第10回学術研究集会

来春にご退官予定の古川善夫先生を講師として研究集会が開催されます。

日時:平成27年314日(土)14:00~16:00(13:30受付開始)

会場:東海大学高輪キャンバス体育館アリーナ(品川区高輪2丁目3−23)

主催:日本体操学会学術研究集会委員会

講師:古川善夫(北海道教育大学教授、日本体操学会会長)

テーマ:「ライフステージに応じた様々な体操

参加費:無料、一般公開です。運動のできる服装でご参加ください。

内容の詳細は、日本体操学会サイト http://www.taisou.org/ より

諸行事に参加される場合は、下記までご一報いただければ幸いです。

 

<連絡先>

furuya@taiiku.tsukuba.ac.jp(筑波大学体育系 古屋朝映子)

平成25年度卒業論文・修士論文一覧

<平成25年度>

〜修士論文〜

*鈴木王香 「抄録」

Gボールを用いたプレ(イ+トレ)—ニングの試み—ジュニアサッカークラブチームを事例としてー

*三浦茉莉 「抄録」

多様な動きを促す運動プログラムの試案に関する実践的研究

 

〜卒業論文〜

*小島瑞貴 「抄録」

Gボールを用いたペア体操の考案とその効果に関する実践的研究

*小山勇気 「抄録」

小学校低学年における遊戯的体操の試案と保護者に対する意識調査

*西島直希 「抄録」

多様なボールを活用した運動プログラムの創作に関する一考察

平成25年度卒業論文・修士論文・博士論文発表会のご案内

体操コーチング論研究室(長谷川・遠藤・本谷・古屋)

筑波おろしに冬本番を感じられるこの頃です。皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、標記発表会を以下の日程で開催いたします。お忙しいこ “平成25年度卒業論文・修士論文・博士論文発表会のご案内” の続きを読む

平成24年度卒論・修論一覧

平成24年度

<修士論文>

・高橋靖彦「抄録PDF(1.4M)」 「プレゼンPDF(6M)」

ロディの用具特性による子どもの移動動作の変容について

 

 

<卒業論文>

・窪谷祥子「抄録PDF(223K)」 「プレゼンPDF(1.1M)」

運動意欲を高めるための体操試案〜ラジオ体操とそのアレンジ体操の比較から〜

 

・佐々岡慧「抄録PDF(231K)」 「プレゼンPDF(902K)」

パソボードを活用した運動誘発システム(パソシステム)に関する研究

 

・武井嘉恵「抄録PDF(166K)」 「プレゼンPDF(3M)」

Gボールを活用した後ろ受け身に関する研究

 

・西田誠「抄録PDF(199K)」 「プレゼンPDF(916K)」

「身のこなし」を高めることに着目した運動プログラムに関する一考察〜T 大学バレーボール部を対象として〜

 

 

平成23年度卒業論文・修士論文発表会のご案内

平成23年度筑波大学体操方法論研究室卒業論文・修士論文発表会を,
下記の日程で開催いたします.お忙しいこととは存じますが,学生の
精一杯の勉学の成果について,ご指導いただければ幸いです.
また,発表会終了後(予定12:30より)同場所にて,話題提供を兼ね
た昼食会を予定しております.
日時:平成 24 年 2 月 5 日(日) 10:30 〜 14:30
場所:筑波大学体育科学系A 507 セミナー室(A棟5階)
<着手発表>
・ 窪谷祥子・武井嘉恵・佐々岡慧・西田誠 (学群3年)
<卒業論文>
・ テレビゲーム機の使用法をアクティブにする試み
  —ボード版による使用法の影響—  鈴木王香(学群4 年)
・ 小学生を対象とした多様な運動プログラムに関する一考察
  —指導者( K氏 )の運動プログラムを事例として-  
                  三浦茉莉(学群 4 年)
<修士論文>
・ Gボールを用いた「体つくり運動」単元の試案
  -多様な動きつくりとしての「転ぶ」に着目して−   
                  田村元延(修士 2 年)
・ラート競技におけるトップ選手の競技動向に関する研究
  −世界ラート競技選手権 2009 年大会と2011 年大会の直転種目に
   着目して−          堀場みのり(修士 2 年)
<博士論文中間発表>
・ TIG体操による前倒回避動作の変化に関する研究 
                 檜皮貴子(博士 3 年)
 <昼食をとりながらの話題提供>
 東日本大震災復興向けて「体操領域」が貢献できることの模索 
                     (長谷川 聖修)
アクション・ペインティングを用いた投運動プログラム
開発への道のり              (古屋 朝映子)   

参加される方は,下記までご一報いただければ幸いです.
【お問い合わせ先】
 筑波大学体操方法論研究室 特任助教 古屋朝映子(ふるやさえこ)
 Tel:029-853-2649
 E-mail:furuya@taiiku.tsukuba.ac.jp