平成20年度 卒業論文・修士論文発表会

 体操方法論研究室の平成20年度卒業論文・修士論文発表会が2月15日に開催されました。春山先生をはじめ、つくば近郊在住の卒業生が駆けつけていただけましたことを改めまして御礼申し上げます。 本年度は、 卒業論文5本と修士論文1本の発表があり、活発な質疑応答が行われました。発表内容の詳細については、下記をごらんください。なお、本年度より体操方法論研究室では、ムービーによる研究のプレゼンを試みています。

 img_8336.jpg img_8342.jpg

<卒業論文> ・ 中務 敏  「抄録PDF(868k)」 「プレゼンPPT」 ボールを使ってコーディネーション能力を高める運動プログラムに関する研究 -運動プログラム開発と実践- ・ 岸本 諭 「抄録PDF(128k)」 「プレゼンPPT」 Gボールを用いた座位姿勢のバウンド運動に関わる研究 -脊柱起立筋の筋電図に着目して- ・ 田尻 優真 「抄録PDF(1.3M)」 「プレゼンムービー(8分45秒)」 滑る運動プログラムの開発と意識調査 ・ 渡邉 友紀 「抄録PDF(992k)」 「プレゼンムービー(10分27秒)」 投・補における運動バリエーションの検討 -内省調査アンケートを用いて- ・ 伊藤 光一 「抄録PDF(868k)」 「プレゼンムービー(8分26秒)」 運動プログラム創作活動に関する一考察 <修士論文> ・三坂 涼 「抄録PDF(284k)」 「プレゼンPPT」 体ほぐしの運動による人間関係の変容についての一考察 —幼児を対象としてー <講評>  遠藤卓郎  長谷川聖修  本谷 聡 <話題提供> ・板谷 厚・全 成龍 Gボールの“G”は何のG? ・ 長谷川聖修 高齢者を対象としたコーチングの事例的研究 ーストリーミング配信とブログサイトの活用に着目してー ・ 遠藤卓郎 日本養生学会・つくば大会について ***** 体操方法論研究室では、ムービーによる研究のプレゼンを試みています。 但し、QUICK TIME が閲覧には必要です。ご覧いただけない場合は http://www.apple.com/jp/downloads/ にて QUICK TIME をダウンロードして下さい。 *****