相原奨之(H29修了:国際基督教大学高等学校 非常勤)

<自己紹介> はじめまして!今年度から体操コーチング論研究室にはいることになりました、相原奨之です。 今までのスポーツ歴をあげると 小学校→ソフトボール 中学校→軟式野球 高校→水泳 と様々な競技に取り組んできました。しかし、競技思考はそれほど強くなく、ゆっくり自分のペースで今までスポーツに取り組んできました。 現在は、体操部に所属し、Gボールやラート、徒手など様々な運動をして、演技発表という競技とはまた別の楽しさに魅力を感じています。 体操研を選んだ理由は、普段の体操部の活動を通して、もっと深く体操を学んでみたい!と思ったことと長谷川先生の行っている被災地での活動に とても興味があったからです。 まだまだ体操の知識も浅く、具体的にやりたいことも見つかっていないので、先生方にお世話になる中で様々なことを吸収して、学んでいけたらと思っています。そして、本当に自分がやりたいことを見つけていきたいと思います。   よろしくお願いします!!

Copyright ©  2018   体操コーチング論研究室  All rights reserved.