長谷川聖修

筑波大学研究者情報システム(Trios)
http://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001984
長谷川聖修
フリガナ ハセガワ キヨナオ
氏 名 長谷川 聖修
連絡先E-mail hasegawa.kiyonao.fu@u.tsukuba.ac.jp
個人のWebページ http://gym.tsukubauniv.jp/lab/ http://www.facebook.com/kiyonao https://twitter.com/#!/kiyonao430
卒業研究領域 運動学 体操方法論
研究・教育テーマ 体操における運動プログラムの開発と効果的な指導方法の確立
「体操」と言えば、オリンピックの鉄棒や吊り輪を思い浮かべますか?それともラジオ体操ですか?この「体操」領域は「一般体操(gymnasics for all)」とも呼ばれて、体力を高めたり、よい動きを身に付けたりする運動の総称です。具体的にはリズム体操や縄・ボール・輪などを用いた手具体操などのこと。この他、人が乗ったり、弾むのことのできる大きなボール(Gボール)やスクーターボードなど、新しい体操プログラムの開発・普及にも積極的に取り組んでいます。
超高齢化社会を迎えた現在は、高齢者の転倒予防のための具体的は対応プログラム(安全にアンバランスを楽しむ体操)を研究しています。
学群における主な担当講義
体操(理論・実習) 体操は、様々なねらいのもとに指導される。そのため、適切な運動材をしっかり身につけ、それぞれの状況で最も適切な体操が指導できるようにする。
健康体操論 高齢化社会を迎え、誰もが健康に暮らすために体操が果たすべき役割や方法を国内外の事例から示します。
主な活動
研究・著作 動画配信による運動プログラム共有化の試み
— ペア・ラジオ体操(体ほぐしの運動)を事例として —
http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/sc/1_1/01/index.html
この論文は、オンラインジャーナル「スポーツコーチング研究」に掲載中。ラジオ体操をアレンジしたふれあいペア体操をムービーを見ることできます。
研究・著作 動き泥棒が見えますか

私のコーチング論

競技・運動部指導 体操部顧問 http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/gym/
Copyright ©  2017   体操コーチング論研究室  All rights reserved.