平成28年度筑波大学体操コーチング論研究室 論文発表会

遠藤先生をはじめ、多くの方々にご参加いただき、感謝申し上げます。頂いたご意見をもとに、研究をさらに進めて参ります。ありがとうございました。

DSC03322

 

平成28年度筑波大学体操コーチング論研究室の論文発表会を下記の日程で開催します。

お気軽にご参加ください。御指導の程、よろしくお願い致します。

*************************************************************

日時:平成29年2月5日(日) 午前10時より

場所:筑波大学中央体育館体操場

*************************************************************

<着手発表>

岩城拓磨、金井茂樹、長島直輝、松浦稜(学群3年)

新海萌子(修士1年)、相原奨之(修士2年)

<卒業論文>

・環境教育と体育を融合する教材の試案

ーペダル式発電機による充電作業に着目してー

奥山有香

・Gボール課題習得におけるICT活用事例

渡邉康裕

・Gボール上からの「コケ」動作に着目した運動プログラム試案に関する研究

—桂文枝に学ぶ安全な転び方—

三浦郁士

<修士論文>

・立体網状構造体上の運動がバランス能力へ与える即時的な効果に関する研究

小出奈実

<博士・事例研究報告>

・幼児の主体的な運動活動を促す指導者の役割

〜保育所における体操教室からの一考察〜

古屋朝映子

<話題提供>           本谷聡・長谷川聖修

各発表終了後、軽食会・交流会を実施する予定です。

Copyright ©  2018   体操コーチング論研究室  All rights reserved.